2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page.125

人生ってのはね…
二者択一の繰り返しだ。年がら年中、選んでなきゃならない。
でも、どんなに不純な動機でも、
あるいはいたしかたない理由でも、
それは自分が選んだ道だからね。
その結果がどれほど予想外の方向に行っても、
一つ一つの道を一生懸命選んでいれば、
積もり積もって必ずいい人生になるんだよ。

阿川佐和子「婚約のあとで」より


今読んでいる本のフレーズにすがるような想いで
新しい一歩を
別の方向に
踏み出します。

以前お話した、こーちゃんのソフトボール…。
このだび、チームを辞めることにしました。


ずーっと練習にいくことがつらくて、
でも頑張ってるこーちゃんを見守るしかできなかったけど
家庭訪問のとき、ちらっとそのことを話したら
(柏餅を食べ、お茶にコーヒーを飲み、
スイートポテトを持ち帰った、あの)
先生に

「続けることももちろん偉いけど
辞める勇気が必要なときがあるよ、お母さん」

と言われて、そう…なのかなぁと考えるようになりました。

実は、こーちゃんソフトがつらくなったぐらいから
「チック」
分かりやすく言えば“びっくり反射”
ビクビクしている場合に出やすい運動や動作などが、
不安を感じたり、緊張したりしたときに、意志と関係なく
反射的に繰り返し出現してしまう

の症状が出始め、グラウンドで特に、多い。

結局、指導者の一人が
「痩せろ」「足が遅い」「お前はダメだなぁ」
みたいなことを いつもいつもこーちゃんに
浴びせかけていて
(それは私も気づいてたことだけど、
「言いやすい子、だからかな」
「こーちゃんがあんまり気にしてないように見えるからかな」
「親だから、こんなに腹が立つのかな」
と思うようにしてました)
やっぱりね~、それが続くと
子どもでもかなり凹みますよね。

この度、いろいろ話してみて
やっぱりかなりそのことで心を痛めてるな、
というのが分かりました。
積もり積もって、自分に対する自信のようなもの、
すっかりこっぱみじんにされてしまってるようで
「どうせボクはダメだから…〇〇コーチがそう言うから」
と何度も言うのです。

GWも本当はぎーっしりソフトの試合・練習が詰まっていたのですが
(かれこれ7年間、にーちゃんの頃から、
ソフトをやってる限り
我が家にGWなんてなかったのですが)
「とにかく、休もう! 心を、休ませよう!」と
急遽、蒜山高原に出掛け、ほけーっとしたのです。

奇しくもそのGW中に、
チーム内の保護者から、指導者に対して
「指導の時の言葉、態度で、どれほど子どもを
傷つけているのか分かってるんですか!」
という声が上がったそうで
(これはまるまるこーちゃんのこと、だったそうです)
あ、身内じゃなくても
目に余るくらいの言われようやったんや…。

と第三者ですら胸を痛めてくれていたことに
勇気をもらい
じっくりと話し合い

4年間所属していたチームですが、
辞めることにしました。

「敗北」「脱落」「挫折」…
私の頭のなかはこんな言葉がぐるぐるぐる…。
でも、チームメイトのお母さんが

「違うよ。選択のひとつじゃん」

と言ってくれたことで、救われました。
ちょうど今読んでいた本に
二者択一のフレーズ(記事冒頭)を見つけて
積もり積もって、きっといい結果にしてやる!
と自分を、こーちゃんを
奮い立たせています。
長い目で見たとき、きっとこの決断は
よかったんだ、と思えるよう頑張ります。

若干10歳にはちょっと試練かも。
辞めた後だって
学校ではみんなと会うんだし
やっぱり気まずいだろうし。
寂しいだろうし。

がんばれ、こーちゃん。
いじけたり、開き直ったり、人を恨んだりせず
楽しいことを見つけて、
頑張れることを見つけて、
輝こうよ。

頑張って見守っていきます。

005000.gif


阿川佐和子「婚約のあとで」

32028779.jpg


まだ読み終えていません。
そして冒頭に引用したくだりは
それほどシリアスな場面で出てくるわけでもなく
普通ならさらっと読み流してしまうのでしょうが、
今の心理状態の私には琴線に触れたフレーズでした。

内容としては
性格も生きる世界も違う七人の女性たちがつながり、
かけがえのない何かをつかむ。
婚前なら必読、人生と相手に疲れた人には絶対オススメの、
他人事でない恋愛小説。
 …だそう。
読みやすく、引き込まれます。
また、機会があれば感想などもUPしますね。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ

日記@BlogRanking


【】
こーちゃん いままですごく頑張ったんだね。
偉かったね。
ままちゃんも きっといっぱい悩んだでしょう。
でもチームメイトのお母さんがおっしゃるように
選択のひとつだよ。決して「挫折」や「敗北」なんかじゃないよ。
こっちを選択して良かった と思う日が必ずくるよ!
ままちゃんもこーちゃんも きっと大丈夫。
心も体も健康でいられることを願っています。
【】
始めるよりも辞める方が勇気がいるんですよ。
時には退く勇気も必要なんです。
負けた。挫折した。って思う必要はないんですよ。
チームメイトのお母さんがおっしゃるとおり
選択肢の一つとして辞めることを選んだだけ。
辞めてみて、やっぱりまたやりたくなったら
また始めればいいんです。
少し離れて休養してみたら 見えるものもあるかもしれませんよ。
きっとこの時間も
こーちゃんにとっては必要な時間なのだと思います。
ここは親にとっても正念場。
ままちゃんさんも
どっしりかまえてこーちゃんを見守ってあげてください。
がんばれ!!お母さん!!
【】
うん、何も励ますことばは見つかりません。
(全て今までのコメントさんどおりです。)
子どもに関しての選択は
本当に難しい。
その選択をして 振り返って後悔するより、
先を見て行きましょ!
きっと、いい事が出てくるさ。
【謹慎できないあたし・・・】
いらん、気を使わせて、へたにコメントしてしまい、反省。
といいながら、またまたがまんできなくて、コメント。
まずは、なあんも考えずに蒜山高原のコメント、ごめんね。

で、
私も、選択の一つだと思います。
二者択一じゃなくて、
1対無限の。
これで、彼の目の前には無限の可能性が広がったのよ。
なんどか、躊躇・右往左往することもあるかもしれない。
でも、きっとそれは、ホントの自分を見つけることでもあって、
どこかで、彼を待っているホントの何かを見つける旅にでた。

「敗北」「脱落」「挫折」…っていうちっぽけな世界から、
大きな自己尊厳の道を選べた彼の決意はエライ!
井の中のカワズ、大海を知らず・・・

メッチャ偉そうな蓼子さん・・・やな、このコメント・・・
【コメントありがとうございます】
気持ちに整理をつけたくて、
報告、のような独り言、のような文章をUPしてしまいました。
私とこーちゃんの気持ちに寄り添って下さって本当にありがとうございました。


>ぎんぺーさん
早々にお励ましのコメントありがとうございました。
昨日、監督、チームメイトに挨拶に行って来ました。
つらかったけど(泣いてました)自分で区切りをつけて
また新たな一歩を踏み出せそうです。

>五月うさぎさん
辞めるのって本当に勇気がいりますね。
甘えさせてばかりもできないけど、
しばらくはゆっくりさせて
グラウンド以外の充実した週末の過ごし方を
模索したいと思います。

>chekotanさん
長い人生ではちっぽけなこと。
もっともっと輝く未来を信じて、
この選択を後悔しないように見守りたいと思います。

>蓼子ねぇさん
m(__)m m(__)m
私こそ、記事の中に名前出してしもてゴメンナサイ。
責めたわけではなかったの…
(慌てて消しちゃいました。ごめんなさい)
昨日監督が「ずーっと辛かったんやな。ごめんな」と
言ってくれたことでちょっと救われました。
無限の可能性e-420か…。
このまま、いじけ坊やにならないように
かーさんハイテンションで応援しますi-241
…何が向いてるやろ、輝けるやろ…はああぁ。
【】
GWの楽しいご旅行にはそんな事情があったのですね。

始める決心より終わらせる決断の方が数倍難しいでしょうに、ママちゃんさん よく踏み切りましたね。
拍手もんです。
子育ては長丁場ですもの、真剣に向き合い悩んだ分、きっと良い経験となり、いつか笑って思い出せる日が来るのだと思いますv-311
【大変でしたね】
人生の中ではいろいろ選択を迫られるときがありますよね~。
今回はまた新たな道を見つけるという点で正解だっと思います。
うちも娘が13年間やっていた習い事を大学受験のためにやめるときは
本当に私自身葛藤の日々でした。
でも、それはそれでしっかりと受験もできたし良かったとおもっています。
今、息子のことで私もちょくちょく「どうしよう・・・」っていうことがありますが、
友人のアドバイスとかをいただいて頑張って進んで行ってます。
みんなそれぞれ大変なんだな~って今回の記事を読んで思いました。
お互いに頑張りましょうね~v-22
【コメントありがとうございます♪】
>さーにんさん
さーにんさんちのお姉ちゃんの演奏会の記事を読んで、
頑張り通したその姿に心からの拍手を送りたい、と思いました。
あの記事を読んで、うちも何とか…と考えもしましたがこの決断になりました。
さーにんさんちのお姉ちゃん、素晴らしかったです。
息子も、その年齢の頃には自分で乗り越えられるオトコに育っていて欲しいです。
母として、頑張らなければ。

>マミーさん
マミーさんちの王子くんも頑張ってますよね。
いくつになっても子どものことは心配ですね。
今回のことで、回りの保護者の方にはとても救われ助けられました。
母親としても踏ん張りどころ、このまま息子の方向がはっきり決まるまで、目を光らせて応援したいと思います。
「強化年間」ですし。 v(・_・)
この記事へコメントする















ままちゃん

Author:ままちゃん
中3と小6の男の子を子育て中のままちゃんです。

(大学時代はドキンちゃんに似てると言われてました)
いつまでも上達しないデジタル一眼レフは永遠に勉強中!
色んな景色やシーンを紹介できるといいな。
そしてままちゃんの心の中の景色にも お付き合いください

息子たち
① にーちゃん
 中高一貫校に通う高1。
② こーちゃん
 兄とは別の中高一貫校に通うお調子者の中1。絵を描くことが大好きな左利きAB型 (将来はゲージュツ家?)


-天気予報コム- -FC2-
ブログエントリーで苗を育成し植林する
エコアクション!
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
(*゜▽゜)b☆ 絶好調 ☆d(゜▽゜*)       がんばれTigers! & 矢野選手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。