2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page.64

昨日、学校に行って、担任の先生と話をしてきました。

診断書をもらいに行った外科の受付で
(顔見知りの事務長さんに)
「どうしたの?」と聞かれて、
「学校に直談判にいくためのお守りとして」と事情を説明し、
「お母さんが強く、にーちゃんを守ってあげるんだよ」
と励まされました。
「せっかく頑張って入った学校なのに…。」というセリフを聞いて
大人気なくも、病院受付で大粒涙をこぼし、
しゃくりあげてしまった…。

待合室にいた人は、きっと癌かなにかの宣告でも
されたのでは、と思ったに違いない…。

学校では、冷静に、落ち着いて話ができました。

いたずら、いやがらせにしては期間が長いこと、
(これはにーちゃんが、自分の口でやられている内容や
メンバーなど、詳しく説明しました)
軽い気持ちだとしても、根が深くないにしても
これだけ長く、そしてやられた方がここまで苦痛に思ってるってことは
いじめじゃないんですか、と言いました。
本人にその自覚がないのなら、
Dくんが軽い気持ちでやっていることが
(軽い気持ちじゃないかもしらんが  だとしたらもっと許さんが)
どれほどにーちゃんを苦しめ、親である私たちが傷つけているか、
私の口から説明しますから、今ここにDくんを
呼んできてください(部活中だろうから)とも言いました。
私が、話をします、その覚悟できました。と。

担任も、やっている内容、期間、頻度などと合わせて
既に日ごろのDくんの生活態度にも、目に余るところがあること、
などのことから、学年主任にも話をして、近日中に
まず本人を呼んで話、親御さんも呼び出し…ということになりました。

それでもやめない時は、殴られたら殴ればよい、
(けしかけるわけではないが)派手にやってくれ、そのほうが
表沙汰にできるので、はっきりとした処分を下すことができる。
…と言われました。
「でもそれって、うちの子も処分されることになるのでは…?」
と尋ねると、「どちらが悪いか、先にしかけたのはどちらか、が
はっきりしているので、にーちゃんくんが処分されることは、ない」
といわれました。

そもそも、今回、先生に話をしたことで
「チクッた」とか逆恨み、などの報復行為などをした場合は
停学・ひどければ退学にする、と本人に釘をさします、との事でした。
(そこは私立ですから、とおっしゃいました。)

にーちゃんの生活態度に何の問題もない、
自信を持ち、堂々としていなさい。
(やはり言った!→)しょうもないヤツだ、と思うこと。
にーちゃんくんのことが羨ましいんだから。と言われてました。
やってることの程度からしても、(こう言ってはなんですが、と前置きがあって)
底の浅い、というか肝っ玉の小さい、というか
ちゃっちぃ子です。仕返しするほどの根性もないと思いますが…と。

担任に直接、そう言ってもらえて、にーちゃんは
随分心強く思ったみたいです。
学校内に理解してくれてる人がいるというのは
送り出す親としても安心できます。

今までは私が懇談で状況を説明する、
電話で訴える…という形態だったので、
先生も敢えて(これはにーちゃんのプライドも考えて、らしい)
にーちゃんとこの件について直接話をする機会を
作らなかったらしい。
だから、にーちゃんにしてみれば
ままちゃんは「担任の先生には言ってあるからね!」と言うけど
先生からそのことについて声をかけられることもなく
席替えもDくんのずるっこ(くじなので…学級委員の子に圧力をかけたらしい)
によりにーちゃんの後ろにDくんの席、というような
(そして授業中に後ろから消しゴムなどを投げてくる)
暴挙がまかり通る学校生活に不信感を持ち出していたようです。

席替えについては、近日中に、やります。
何なら今回はくじではなく
学年最後なので、担任が決めます、と言ってもよい。
とのお答え。
基本的に根が浅ければ、席が離れるだけでも
何もなくなったりすることも。って…。
…ほんとそんな程度でターゲットにされたんじゃ堪らない

昨日の話合いの中で、ままちゃんは何度も
「そんなレベルで…」「せこいっ」「しょーもな!」
「ばかばかしい」「つまらない」…というセリフを吐いてしまいました。

そんなんですか?中学生のレベル!
ってカンジでした。

進学校なので敢えて言ってみました
「もう少し、精神年齢の高い子供さんが多いのかと思ってました」
(にーちゃんは成績は…だけど精神年齢は高いぞ、多分。という自負はある)

すると先生曰く
逆に、公立中学よりも、精神的には幼い子が多い、と。
進学校ゆえ、小学校の頃から勉強さえしておけばいい、という環境に育ち、
周りからちやほやされ、地元でもちやほや持ち上げられて
いざ合格して入学してみれば、同じレベル、さらにもっと上が
わさわさといるという事実に、対応しきれていない。
もまれてないので、自己中心的で、弱い。
そのもやもや鬱積したものが
色々な形で出ている、ということでした。

お尋ねしたわけではないけれど先生はがおっしゃるには
Dくんのお宅はお父さんがかなり教育熱心な方と見受けられる、
家庭からの提出物などには母親の記入とは別に
必ず父親からの一筆が添えられている。
かなり家でぎゅうぎゅうに勉強について押し付けられているのでは、
ということでした。

だからと言って
そのイライラをにーちゃんに向けてよいわけはありませんから!

そして、この一時間にも及ぶ担任との話し合いは
ままちゃんのバッグの中で密かに回っていた
ICレコーダーで全て録音してあります。
改善もされず、今後の学校側の対応如何によっては
この録音内容や、(昨日は結局封印された)診断書を
出すことになると思います。

今回のことで実感したことは
我が子は親である私たちがなんとしても守る!という
断固たる姿勢を持って
学校に対さなければならない、ということです。
教育者なのですから、先生に相談し、アドバイスをいただくことも必要ですが
「先生、なんとかしてください」じゃあ、
よっぽど熱血漢じゃないかぎり積極的に「何とかして」は
くれないのかな、と。
追い詰められて、分かったことですが。

それと最初(秋ごろ)は
「細かいことごちゃごちゃ言って学校側に
うるさい親だと思われると嫌だ」とか
「進学校だけに勉強さえできていればよいのかもしれない。
トップクラスの生徒しか大事にされないのでは?」などと考えたり
保護者の知り合いが少ない上に
お付き合いも浅く、誰にも相談できず
Dくんや親御さんについても未知数だということで
腰が引けてた部分もあります。
それについては、にーちゃんに本当につらい思いをさせたと
反省しています。

嬉しかったことは、
やはり、にーちゃんは真面目に、何ら恥じることなく
中学校生活を送っているという点で
太鼓判を押してもらったこと。
昨日も一日、普通どおりに頑張っていたようです。
もちろん、昨日も嫌がらせは何度もあったそうです 
(いやだったら保健室に行ってもいいから、と言っておいたのですが
最後まで教室で授業を受けたようです)
強い、と思います。と先生に言ってもらいました。

linekirar.gif

そしてこのページにお越しくださってるみなさま。
本当に助けられました。
ありがとうございました。

まず、学校に行く前に、このことを記事としてアップしたことで
かなり気持ちの整理が出来ました。
お腹のなかではぐちゃぐちゃに感情が渦巻いていたのですが
文章にすることにより、冷静になれましたし、
先生に話をする台本の骨子のようなものになりました。

そして、たくさんのコメントをありがとうございました。
初めてコメントを下さった方もいらっしゃいました。
タイトルに惹かれて読んでくださったのだと思います。
しみじみ、「いじめ」というものが私たちのまわりで
いかにたくさん起こっているのか、ということを実感しました。

実は、放課後学校に着いて、職員室に入るその直前まで
携帯でみなさまからのコメントを呼んで、
涙ぐみながらも自分を励ましていました。
本当に心強かったです。
頑張って!という言葉にこれほどの力があったのか、
と思いました。
私は間違ってない。にーちゃんも間違ってない。
そういって欲しかった私に、
みなさまからのコメントはとても勇気付けられるものでした。
悲壮なまでの決意を持って、小雪のちらつく学校の駐車場で
それでも不思議に冷静でいられたのは…

みなさんのおかげです。
(真面目な話の腰を折りたくはないが…とんねるずではありません)

これで終わりではありません。
Dくんがどういう態度に出てくるか、
にーちゃんも踏ん張りどころだと思っています。
ままちゃんも頑張ります 
これからもご報告できればと思います。
また、お力になってくださいね 

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ

日記@BlogRanking



【よかった】
気になってまたきてしまいました。
ひとまず安心しました。 よかったですね。
なんだか見ていて涙がでてきました。
自分の子どもの体験なんかも思い出しちゃったりして・・本当によかった
学校側がDくんを上手に指導してくれるといいですね。
【まずは一安心。】
ままちゃんさん、よくがんばりましたね。
私だったら、一人ではおどおどして絶対にできない。
とーさん呼んでくるところです。

でも、つらいですが、まだまだ油断ができませんね。
Dくんがどう出るか、親がどう出るか・・です。

一番恐いのは、(ゴメン、辛口かもしれんけど)
学校が私立ですからって言っておきながら
親によって態度を変えることです。
私だったらそこまで疑ってしまいます。

あと少しです。もう少し辛抱。
【】
ままちゃんさんの辛かった様子が、すごくわかり、
私も涙がでそうです・・・
ままちゃんさん、頑張ったね。
つらかったね。
大丈夫!ままちゃんさんのにーちゃんを守りたい
て言う強い意志があるから、
きっと、うまくいくよ~
この調子で頑張って!!
【】
うちも実際子供がイヤな目にあった事があるんで、
人ごとじゃないなあと思いながら読みました。
母親が強くなって、子供じゃどうしようもない時は
ちゃんと守ってあげられるようにならなくちゃと
思いました。
先生が一応ちゃんと理解してくれたみたいで
とりあえず良かったですね!
【】
ひとまず安心ですね。
先生が、本当に言ったとおり
きちんとした対応をしてくれることを願います。
相手のご両親もちゃんとわかってくれればいいのですが…。
早く解決するといいですね。
【】
ままちゃん、ほんとに、にいちゃん苦しんだんだね…。でも、こうやって親が自分のこと守ってくれてる、って知って、絶対嬉しかったし、安心したと思う。

学校側もきちんと誠意のある対応をしてくれて、私も安心したよ。

でも、考えさせられるね…せっかく勉強するために学校にいってるのに、邪魔してくる心の幼い子供達…。躾けは親の責任でもあるから、そのD君の親も気が付いて、子供のしつけに全力で取り組むべき、と思うよ。じゃないと、D君、大人になってからものすごく困ると思う。

そして、ほんとに辛かったけど、にいちゃん、良く頑張った。褒めてあげたいな。

ままちゃん…自分の家族はやっぱり自分で守らないとね。よく頑張った。これからも、私はままちゃんの味方だからね!!

応援♪♪
【】
良かったですね!これから、楽しい学校生活を送られることを、お祈りします!お母さん!頑張られましたね!すごいです!
【頑張りましたねー】
一昨日、昨日の記事を拝見して思いましたー
ままちゃん~すごい!
素晴らしい勇気ですー
親が子供を守る。これは当然のことなのですが
相手がよその子そして学校となるとホント大変な
勇気がいると思います。
ままちゃんのされた行動は同じように
子供がいじめにあって悩んでいる方の勇気にも
つながると思いますよー。

それにしても、相手の子供さんは愛情が薄いのかなぁ~
ストレスを他の子にぶつけるなんて・・・
された方はたまらないですよね
にーちゃんもずっと我慢してたのですね・・かわいそうに・・
これでにーちゃんに対するいじめがおさまればいいですね
虐めてる子の親に言いたいですね~

「ちゃんと我が子を見てるの?」って
【コメントありがとうございます♪】
>ぎんぺーさん
ありがとうございますm(__)m
気にしていただける、という事実がとても
嬉しいです。本当にありがたいです。
みなさんに支えられているな~って実感しています。
これからも仲良くして下さいね。

>chekotanさん
脳天気な私ですから、すぐ楽観的に考えてしまいます。
chekotanさんの辛口コメントに、はっと気づくこともあり助かります!
そうよね、まだまだ!!
気を緩めず、戦闘態勢を崩さず、頑張ります!
これからもこんなのんきな私にアドバイスお願いします

>ともぴぃーさん
ありがとう!
なかなか大変だけど、母親として、頑張ります!
中学になったら楽になると思ってたけど、何か
とっても大変だぁ!
応援して下さいm(__)m

>マユミさん
みんな何らかの形で同じような体験をされていて…
何だか子供の社会も大変ですよね。
とりあえずしばらく様子を見てみます。
母は頑張ります。

>五月うさぎさん
初めての中学生活も1年目のゴールテープが近いので
何とか気持ちよく進級したいものです。
一貫校は6年間ずっと一緒ですから…
向こうの親御さんの反応がすこし怖いです…
頑張ります!

>まーすぃさん
心強いよぉ!地球の裏側にまで我が家の味方がいるって!!
本当にありがとう!
何だか、子供たちの心が…ほんと荒んでいるのかな、と
難しい、恐ろしい世の中だよぉ(T_T)
でも!これからもこのスタンスで、ままちゃんは
頑張るね!応援してね!

>ごんたさん
ありがとうございます♪
13歳の日々は今しかないのに、
私が勇気がなかったばかりに
つらい日々を送らせてしまいました。
これから様子をみながら、まだまだ頑張っていきます

>MOMOさん
日ごろはまぁ、いっか~、私が我慢すれば…
というタイプの私なのですが、最近子供のことになると
結構頑張れるようになってきました。
でも小心者なので…いっぱいいっぱいです。
これからも、いっぱいいっぱいながら、頑張ってみますね。
【】
人ごとではないので、すごく気になっていたんですが、
遅くなりました。
ままちゃんスゴイ(>。<)頑張ったんですね。
もう皆さまが書きたいこと書いてくれちゃってるんで、
「応援してます」とだけ・・・
【】
しばらく更新がないと思ったら、そんなことがあったのね。

でもままちゃん頑張ったね!
私ならもっともっと感情的になっちゃうよ。
うちも一人の子にさんざん嫌な目に遭わされて最後はトイレに呼ばれお腹を殴られたことがある。
その子は小学校の時には学校内で大将だったんだって、でも中学に入ったらうちの息子が目立っていてそれが気に入らなかったらしい。

ウチの学校はすぐに学年主任が出てくるの。
口だけは達者で子どもをバカにする奴でね!

男の子だから1から10まで全部は話さないけど、何かあったら話して欲しいよね。

兄ちゃんもままちゃんも頑張って~~!!
ICレコーダーは素晴らしいわv-424
【コメントありがとうございます♪】
>マイナスさん
「応援しています」この一言がどんなに有難いことか…!
♪一人じゃないってぇ~ステキなこーとねぇ~♪と天池真理が私の頭の中でぐるぐる回るのです。
本当にありがとうございます!
まだまだ!頑張ります。

>yukiさん
うわ~呼び出されて…お腹??
やっぱりどこにでも嫌なやつはいるのですね…。
男の子って多くを語らないから、
本当に不安です。
頑張って対抗します!
ICレコーダー、帰ってからバッグの中で勝手に再生ボタンが押されて(私の近くに置いてたから私の声がでかくて)自分でびっくりしちゃいましたよ(*_*)
【】
ままちゃんさん、おつかれさまでした、読ませていただきました。

私は、同じような事で担任に話しをしに行った時、よっぽど直接その子を呼んでくれと言いたかったけど、ことが大きくなるのを嫌がる我が子と、あとで逆恨みされて余計ひどい仕返しをされるのが心配で、言えなかった。
けど、親にそのくらいの覚悟があるって担任に見せる意味でも、言えば良かったなあ。。。
ままちゃんさんの対応、ほんとうに立派で素晴らしいです。お子さんも、さぞ安心した事でしょう。
私も次の時には見習わせていただきます!
【ほんとによくやったネ!】
ままちゃんさん、よく勇気を持って学校へ行きましたね。
私も去年、文化祭の件でとってもつらい思いをしました。
きっと一生許せないと思える出来事ですが、それでも、
学校へは一歩引いて(受験のことがあったので)しまいました。
中3という時期では受験が控えているので、どの親御さんも
先生とはもめたくないのが本音です。
だからままちゃんさんの勇気ある態度はとっても感動しました。
これからも息子クンのこと応援してあげてね♪
ちなみに、私もあの時はブログ仲間のコメントにすっごく励まされました。
みんな宝物のような存在です!
【コメントありがとうございます♪】
>さ~にんさん
小学校一年生の時は、帰り道で待ち伏せしていじめっ子に「にーちゃんくんいじめたら、おばちゃんが許さんよっ!」とお説教したことがあります…。
さすがに低学年までしかできませんでしたが…。
いつもでたっても、子供は子供。私も変わってないなぁ。でも先生に対してちょっと気合を見せられたかな、と思っています。

>マミーさん
本当に、子供を預けているだけに先生に悪い印象を与えたくはないし、でも対応に不満だということははっきり伝えたいし…でね…。なかなか。
ブログやってて本当に救われました。
リアル友にはなかなかここまで赤裸々に話せなかったところもあるだろうし、コメントにね、本当に救われました。
本当に宝物です。
いつの日か、このブログ、にーちゃんにも見せてやりたいです。
【】
はじめまして。
いじめに関しては他人事ではないので、とても真剣に読ませていただきました。
私は、相手の子供さんのことに対して腹も立ちましたが、やはり一番気になったのは、学校側の対応。
今回、ままんさんがICレコーダーを持って話し合いの席に行ったこと、その気持ちとてもよく分かります。
私はいじめではなかったものの、ハンディのある娘の事で一時期なやんだことがあり、担任との間に大きな溝ができたので、子供を人質に取られている気がして誰にも相談できませんでした。悩みになやんでようやく校長に話を手紙で打ち明けた時、その手紙のコピーをとっておきました。そのことが逆効果になったら、その手紙をマスコミに送るつもりで、そこまで覚悟していました。幸いにもそれはしなくてもよかったのですが、唯一信じて助けてもらいたい先生方がそっぽを向いてしまったら、通っている場所は学校ではなく、無法遅滞みたいなものじゃないですか。
そんな中では子供達もストレスは溜まる一方。
母親としての覚悟…本当に、私も身を切られる思いでこのブログを読ませていただきました。まだ今後なにがあるかもしれないですが、きっとままんさん親子なら乗り切れると思いますよ。
【コメントありがとうございます】
>ひよりなぎさん初めまして。
ようこそお越しくださいました。
いじめについて書いてから、色んな方々がコメントを寄せてくださいました。
みなさん、同じように苦しんで、悩んで、涙してるんだ、と改めて気づきました。
学校って親の目が届かないし、やはり子供は人質みたいなもので先生方、学校側とはなるべく波風立てずやって行きたいですよね。
そのせいで私も腰が引けてた部分もあるのですが、やはり我が子は親が守らないとね!
お互い、がんばりましょうね。
この記事へコメントする















ままちゃん

Author:ままちゃん
中3と小6の男の子を子育て中のままちゃんです。

(大学時代はドキンちゃんに似てると言われてました)
いつまでも上達しないデジタル一眼レフは永遠に勉強中!
色んな景色やシーンを紹介できるといいな。
そしてままちゃんの心の中の景色にも お付き合いください

息子たち
① にーちゃん
 中高一貫校に通う高1。
② こーちゃん
 兄とは別の中高一貫校に通うお調子者の中1。絵を描くことが大好きな左利きAB型 (将来はゲージュツ家?)


-天気予報コム- -FC2-
ブログエントリーで苗を育成し植林する
エコアクション!
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
(*゜▽゜)b☆ 絶好調 ☆d(゜▽゜*)       がんばれTigers! & 矢野選手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。